CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE

幻月

Phantom Moon
<< 第十五話 −道− | main | 第十六話 −たどり着いた先− >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
INFO
2006.12.20 Wednesday
   テンプレートを少し弄りました

人形 −ノーマル−   プロフィール・人形の写真
人形 −秘め事−    人形写真 15禁
人形 −イベント−   イベント写真・イベントレポート

話  −その他−    設定等々
話  −一秒−     人形(未定)過去話 出演 巧郎の妹コウ
話  −学舎−     人形学校設定ストーリー
話  −幻月−     人形夏休みストーリー
話  −愁い幻想館−  現代ファンタジー
話  −緋色の月−   大正時代設定男色話 出演 碧−へき−:渓
話  −碧−      現在設定男色話 出演 碧−へき−:渓 silky Harmony:樹和
話  −夜光虫−    大正時代設定男妾話 20禁


細かく見てみる
人形 −ノーマル−   普通に本来あるべき人形の写真館

人形 −秘め事−    婚約者樹和ちゃんとの絡み写真

人形 −イベント−   イベント写真・イベントレポート



話  −その他−    各小説の設定等々

話  −一秒−     巧郎の妹コウの中学1年の時の恋愛のお話、巧郎も中学三年生
              として同じ中学校に通っている。
              世界の全てが大好きなのに、自分の存在は許せない

話  −学舎−     巧郎の高校生活
              前途多難で最近更新は停滞中
              樹和ちゃんも時々顔を見せます。
              オリジナルキャラクターが多数出演。

話  −幻月−     樹和ちゃんとのなれそめ、最初の出会いは暴言と缶珈琲
              別名巧郎ヘタレメモリアル。

話  −愁い幻想館−  現代ファンタジー
              現実と夢の間に店を構える『愁い幻想館』を起点に
              波紋が広がっていくお話。
            
              第一章 −文鳥− 出演 Flower of honey:蜜花 瑛蒔 洲哉
                大好きなお父さんが死んでしまった。
                残された女の子の成長物語

話  −緋色の月−   大正時代設定男色話 出演 碧−へき−:渓

               できのよすぎる自分の弟は、
               私にとって目の上のたんこぶでしかなかった。
               コンプレックスの塊である悟流が奔走し、周りを巻込みながら
               自らも破滅の道に落ちていく。
               破滅系男色話第一弾   

話  −碧−      現在設定男色話 出演 碧−へき−:渓 silky Harmony:樹和
              −第一章− (完結)

                自分の愛した人間を不幸にしてしまう体質の巧郎と
                転校生の巧郎に何故か惹かれていく渓。
                しかし逢瀬を目撃されてしまい、二人の中は引裂かれる
                絶望する渓にさらに逃げられぬ追打ちが・・・・。
                破滅系男色話第二弾

              −第二章− (完結)

                自殺を繰返す巧郎は、やがて精神隔離病棟に入れられてしまった。
                死すら許されぬ監獄で、渓そっくりの空に会う。
                かき乱される心に、さらに追打ちを掛ける昔の彼女樹和の存在。
                愛した人間を不幸にしてしまう体質の少年巧郎が、
                それでも一縷の光にすがって自殺するまでの経過を追う
                破滅系男色話第三弾

話  −夜光虫−    大正時代設定男妾話 20禁 (完結)
              育ての親であるプロレタリア文学者の活動資金を稼ぐ
              男妾とその時代の警官が恋に落ちる話。
              一人の人間の愛染が、二人の恋を引裂いて、
              誤解は解けぬまま物語は軋み、歪んだ音を立てながら終演に向う。
              破滅系男色話第四弾。         
| index | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:23 | - | - |