CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE

幻月

Phantom Moon
<< 奇人の愛 | main | 愛鬼 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
白薔薇
どうして、私はあのひとが、燃えるような恋愛をした時代に、そう人を求め慈しみ愛する年代に沿うようにして生まれなかったのか。

白薔薇

わたしは、たしかにあの人のことを愛していました。
家業であった彫りの仕事に付いていったのが始まりです。
たしか私は10かそこらのただの娘で、あのひとはなかなかの地位に居た40ほどの成熟した男性でした。
それでも、確かにそれは恋であり、確かにそれは愛でした。
目が合う、手が触れる、声が鼓膜を震わせる、そのひとのすこしの動作で私がどれほど心が騒いだでしょう、弾んだでしょう、どうしようもなく恥ずかしくて、逃げ出したことすらありました、これを恋とよばず、愛とよばず、なにに名前をつけられるでしょう、私はあのひとに恋をしていました。
あのひとの大切な方は、亡くなってもう十何年、当然会った事も、見たこともございませんでしたが、話を聞く限り、この屋敷に居る限り、限りなく美しい人だということは分かりました。
みんながみんな、彼女のことを愛していました、彼女の愛したものを愛し、微笑み、見守ってきたというのにの不慮の事故だったと聞きます。
わたしは、あのひとがまだ、彼女のことを忘れられないのを知っていました、あのひとはそういうひとなのです、とても一途でとても一途で、そしてとても優しいひとなのです、だから愛したのです、だから愛せたのです、わたしはあのひとが抱える全ての闇、全ての黒く塗りつぶされた陰の部分、全てが腹立たしく愛おしかったのです。
あのひとはわたしの愛に気づいていました、それはどんなしぐさにも、にじみ出ていたので私の胸は何度突き刺さました。あのひとのその愛に、その愛情に、私はつけこみました、そばにおいてくださいと、どんな形でもどんなことをされても、どんな扱いをうけようとも構わないので、どうかそばにおいてください、貴方のそばにいたいのですと悲願しました、拒絶しないでくださいと、浅ましい女のように、醜く泣いてすがったのです。
あのひとは笑いました、悲しそうに笑いました、だれがあなたに不当な扱いをさせられる、あなたは私の大切な人だとまで言って下さいました。あのひとは私が隣に居ることを、当然のようにあつかってくれました。
ただ、私に触るようなことはしませんでした、まったく非生産的な関係だったのです。
わたしは、そばにいられるという幸福と、そうすることで自分を陥れるとを秤にかけてそうしたので、何をいうことができるでしょうか。わたしは打ちのめされ、ばらばらに砕かれ、その破片で血を流す心臓をただただ眺めていることしか出来ませんでした。
それでいいとおもっていました、それでいいと、それ以外になにを望めると、わたしはきっと地獄に落ちるでしょう、優しくいとしいあのひとが、こぶしを振り上げているのをただ見ることしか出来ないのです、あのひとが私をそばにおいてくださるということに、伴う痛み、苦痛、苦悩、全て私のものだと思うだけで満たされていたのです、私は地獄に落ちるでしょう、あのひとは優しい、あのひとは優しい。
そうして5年も過ぎたある日の夜に、たしかその日は風の強い嵐の日でしたが、そんな夜にあのひとは私を呼び出しました。
部屋には、銀のトレーと針、黒の墨と鏡が置かれていました、灯りという灯りは無く、あのひとがもった三椏の燭台だけが唯一の光源でした。
トレーに乗った紙を開けば、黒一色で描かれた、白薔薇が目に入り私は唐突に理解しました、目の前の椅子に座って、こちらを向いているあのひとの瞳にはいつものように愁いと悲しみと同情と、愛が、愛が確かに存在していました。
服を一枚一枚と落とし、裸になった私は迷うことなく針を腰に落としました。
腰への刺青が一番痛いということを知っていました、知っていてそうしました、この痛みはあのひとの愛、そう思えば痛みすらも愛せました。
最後の一針が肌から離れ、崩れ落ちる私をあのひとは抱きとめてくださいました、強く優しい腕でした、届かないとただ眺めていただけの腕でした、私はどうしても泣きたくなって、それでも背中に腕は回せませんでした、これが私の愛の形、これ以上どうして望めるというのでしょう、私はこの屋敷を去らなくてはいけません。
私は地獄に落ちるでしょう、間違いなく落ちるでしょう、優しい人を苦しめすぎました、あのひとの手は、私を砕くために幾度と無く振り上げられもうぼろぼろなのです、血まみれなのです、あのひとこそ、あのひとこそ、心臓から血が流れている。
それでいてどうしてそばに居られるというのでしょうか、わたしたちはこういう行為をしてはいけなかった、なにものこしてはいけなかった、それでも私はこの誘惑を退けることが出来なかった、あのひとが始めて手を差し伸べてくれた。

私はこの屋敷を離れないといけない、あのひとは私を愛してはいけない
あとがき
花シリーズ 第一弾【白薔薇】花言葉は私は貴方にふさわしい

白薔薇の蕾の花言葉だそうです。
さすが薔薇、蕾の花言葉なんてあるのですね。

さて、30の年の差、広いと思うでしょうか。
個人的に下は18〜上は60までバリバリ守備範囲なのでそうは思わないのですが。
それでも好きになった人が、躊躇しない年齢であれば、相手ももっと違ったかもしれないと思うことはしばしばあります。
それで今回の話というわけですね。
バッドエンドと感じる方もいるかもしれませんが、個人的にこれはハッピーエンドです。
| 話 −花−* | 11:38 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 11:38 | - | - |